調剤薬局薬剤師 > 薬剤師求人倍率の現状について

薬剤師求人倍率の現状について

求人倍率は、一人の求職者に対しどれくらいの求人があるかを示す 値になります。 この数字が多ければ、より就職しやすいということになります。 薬剤師の場合は現在のところ売り手市場ということもあり、 求人倍率は他の職業と比べて高いものになっています。 数値であらわせば、3~5倍といったところでしょうか。

つまり、薬剤師として就職したい者1人につき、3件から5件は 求人があり、その中から職場を選べるということになります。 長い間不況が続く日本では求人倍率がかなり低くなっている職種が 多いので、これはとても恵まれた状況だといえるでしょう。

また薬剤師の仕事は全国どこにいても需要がありますから、 地方在住の方でも就職のチャンスは大いにあります。 もちろん地域によって多少倍率は変わってきますが、 それほど大きな違いはありません。

求人倍率が気になるのは、これから薬剤師として就職する方や、 現在薬剤師の仕事をしているけれど、転職を考えている人たちでしょう。 求人が多い職業なので、資格を持っている人ならすぐにでも 薬剤師として働くことはできるでしょう。

ただ、給与や勤務地などさまざまな条件を考えた時に、 より良い就職先をじっくり考えて選ぶことも重要です。 個人で就職・転職先を探すのはどうしても限界がありますから、 そういう場合は転職支援サイト等を利用するのもおすすめです。

ネットで就職先を探す人は増えていますが、こうしたサイトでは 非公開の求人を扱っていることも多いのです。 ネット上をいくら探しても出てこない、優良な求人情報がありますから、 転職支援サイトは薬剤師にとって強い味方であるといえるでしょう。

薬剤師の人材不足が叫ばれてから長い時間がたち、徐々に人材の 補充もされてきています。それでもまだ企業や薬局が求める数には 足りていないので、今後も求人倍率は高い数字のまま推移すると思われます。

就職や転職をする際は、求人がたくさんあるから楽だと考えずに、 先ほど述べたような転職支援サイトも利用しながら最適な職場を 見つけられることをおすすめします。