調剤薬局薬剤師 > 薬剤師の独立開業について

薬剤師の独立開業について

薬剤師として独立するケースについてお伝えします。独立する際の仕事の内容については 調剤薬局やドラッグストアを開業するというケースがありますが、薬剤師として独立起業する というのは、あまり見かけない例ではあります。

薬剤師というのはその性質上、資格を生かして就職し、その専門性に見合った報酬を得ていきたいと考えている方が多いからです。

ですので、基本的には薬剤師としての道をしっかり歩んでいくのであれば、企業や病院などで報酬を頂きながら勤務し、その中で企業間などでの転職をし、キャリアアップを図っていく という方法をお勧めします。薬剤師は収入の水準も高く、そこに専門性を高めてキャリア アップしていけば、1000万円前後の収入も可能になります。

また、どの職種でも当てはまる事ですが、独立にはそれ相応のノウハウも資金も必要です。 ドラッグストアの開業などになると2千万くらいが初期の資金として必要になるようです。 また、それだけ資金を投入したとしても、成功するかどうかは不透明なものがあり、リスクが かなり高いです。

それでも独立したいという方はしっかりビジョンを持ち、やりたい方向に進んで貰えたらと 思います。薬剤師の方に不足しがちな能力として、コミュニケーション力がありますが、 独立して経営者としてやっていくには必須のスキルになってきますので、しっかり磨いて おきましょう。

もちろんそれだけではなく、薬剤師としての医薬品全般の専門的な知識、経営の知識など 挙げだしたらきりがないくらい、学ぶ事は多くあります。大変な事もありますが、それでも 自分のやりたい事業がやれるというのは独立の大きなメリットです。

将来的に独立をするにしても、今の仕事で携わっている事が独立してからの土台に役立つ 事は多々あるので、今の仕事もおろそかにせず、また、必要であれば他の仕事も経験してから 独立する事をお勧めします。予測できない事態も起こり得ますが、それでも出来る限りの 準備は事前にしっかりとしておきましょう。