調剤薬局薬剤師 > 薬剤師の雇用形態について

薬剤師の雇用形態について

薬剤師という職業は専門的な知識が必要であったりと専門性が高いのも特徴の一つですが、 もうひとつの特徴として、女性が活躍しやすい職業とも言えます。

高い専門性を武器に医薬品の開発や 医療関連の仕事に就く方も多い一方、薬の処方や服用方法を患者さんに伝えたりと事務的な業務も 多くあり、短期間だけ働きたかったり、人と接するのが好きな女性の方向けとも言えます。

パートやアルバイトとして、薬剤師としての業務をする事も、職場によっては可能です。 調剤薬局やドラッグストアでは多い例です。やはり女性が多いですが、結婚している方や、 出産後に育児と両立したいという方が選ぶケースが多いです。

時給も一般的なパート・アルバイト よりも高く、職場にもよりますが、時給2000~3000円程度と相当高い水準です。 理由としては薬剤師がいないと薬を販売する事が出来ない、という事があります。

また、薬剤師が1名だけだとそのスタッフは休憩をとる事ができず、2名は必要になってきます。 正社員雇用の薬剤師を2名にすると、人件費的に店舗側はかなり負担になります。ですので、 時間給で雇用できるパートやアルバイトの薬剤師スタッフは多少時給が高くても有難い存在なのです。

派遣社員や契約社員として働く形態もあります。派遣社員は派遣会社と契約し、派遣先で働くという スタイルです。期間が決められており、社員と同レベルの月給が支給されるので、期間を決めて 働きたいという方に向いています。

派遣社員は基本的には賞与や有給がないケースが多いですが、場合によっては賞与や有給を 出してくれる所もあるようです。最近は薬剤師専門の派遣会社という企業も増えてきています。 こまめに求人をチェックして探すとよいと思います。

契約社員は派遣社員の期間が長い形と考えればよいと思います。企業側と本人で直接の契約に なるので、こちらは賞与や有給が出る場合も多いです。また、給与についても月給の他に、 時給や年俸制にしたりと、かなり融通が利くようです。

このようにフレキシブルに雇用体系を 本人の都合に合わせられる分、給与自体は正社員よりも少し低くはなっているようです。