調剤薬局薬剤師 > 調剤薬局薬剤師はどんな仕事をするのか

調剤薬局薬剤師はどんな仕事をするのか

薬剤師が仕事をする場は、病院・薬局・ドラッグストアなどがあります。 ここでは、調剤薬局に勤務する薬剤師はどんな仕事をするのかをご紹介しましょう。
助産師転職サイトを使えば男性でもなれる?

まずは主な業務をご紹介しましょう。 1番目は処方箋に従って調剤をする仕事です。 2番目は患者様への服薬指導になります。 具体的には薬学の知識で処方箋やお薬手帳で確認して相互作用に問題がないかどうか確認します。 もしも疑問点があれば、処方箋を発行した医師に再確認をするのです。

次に調剤薬局のキャリアアップである管理薬剤師について説明しておきましょう。 管理薬剤師になると、通常の薬剤師業務に次の業務がプラスされます。

1番目は医薬品の在庫管理をする仕事です。
2番目はレセプトの管理をする仕事です。

これらが管理薬剤師に任せられます。 チェーン店を持っている大手調剤薬局の場合は、管理薬剤師を経験して本社勤務になるケースが多いです。 そして店舗運営や企画などのセクションに関わる場合もあります。

次に調剤薬局で仕事をするメリットについて考えてみましょう。 1番目は薬局が異動になっても基本的な業務内容は同じです。 転職しやすいというメリットがあります。

2番目は他の職種と比べた場合に勤務時間が変則的であることです。 これは残業が発生しにくいということに繋がります。 プライベートの時間が確保しやすいメリットがあります。 女性の場合は出産して子育てしながらパートとしても仕事がしやすいです。

3番目は店舗異動はあっても転勤がないことです。 エリアが限定的ですし、全国規模の異動というのはレアケースです。

4番目は医療知識向上のチャンスが多いことです。 製薬会社が主催する勉強会に参加する機会が多いですから、スキルアップできるメリットがあります。

以上、調剤薬局に勤務する薬剤師はどんな仕事をするのかをご紹介しました。 調剤薬局の仕事は「給料」「就業時間」「人間関係」などにおいて安定を求める人に向いています。 パートタイマーで仕事がしやすいので、結婚した女性や出産後の女性に人気の職種です。

40代の薬剤師の転職ってどう思う?

毎日毎日激務の中、サービス残業にサービス出勤、そしてパワーハラスメントに耐えて勤務している人もいると思います。 しかし、そのような環境で勤務していると、精神的にも肉体的にもかなり辛いと思います。

それはいくつになっても辛いと思うことには変わりありません。 20代だろうと40代だろうと辛いものは辛いのです。

しかし、20~30代の若いうちなら特に気にしないと思いますが、40代となると転職に不安を抱く人も少なくはないと思います。スキルや経験の不安というよりも、年齢的な不安が大きいですよね。しかし、薬剤師の転職は年齢的不安を抱く必要はありません。

実は、意外と40代で転職に挑戦する薬剤師って多いのです。中には60歳から転職を始めた人もいるようです。このように、薬剤師の転職に年齢は全然関係ないのです。

もしも不安が解消されないのならば、薬剤師の転職支援サイトがあるので、そこに登録してみてください。転職支援サイトでは薬剤師の求人を簡単に探すことができるのはもちろんですが、専任のコンサルタントを設置しているサイトもあります。

コンサルタントにはいろいろなことを相談することができますので、年齢的な不安があるということを相談してみてください。相談するだけでも不安は解消されますし、年齢なんて全く関係ない!という職場を紹介してもらえることもあります。

転職支援サイトで事前にしっかり調べて、有効活用していけば、今よりもずっと良い職場に巡りあえます!年齢がネックで転職しないなんてもったいないです! 転職支援サイトは無料で利用できますし、登録して損することはありません。

40代でも転職している薬剤師はいますし、40代の薬剤師が職場に新入社員として入ってきたからと言って、変に思う人もいません。また、40代ともなると経験やスキルは若い人には負けてません。自分しか持っていないような資格があれば尚更です。

しっかりとした経験やスキルを持っている人は、職場で頼られることも多いと思います。 なので、転職しようか迷っている人は、思い切って転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

専門薬剤師手当について

薬剤師として活躍したいと思っているのであれば、薬剤師の仕事をするうえで役立つ資格取得についても考えてみてはどうでしょうか。 例えば、専門薬剤師という資格があります。

この資格は2008年からスタートした新しい資格なのですが、薬剤師という職業を極めたい人にとって非常におすすめの資格だと言えます。

薬剤師は全国的にみるとまだまだ人手不足の状態です。 そのため、薬剤師の転職活動は難しくなく、引く手あまたの状態になっています。 しかし、この状態がいつまでも続くわけではないのです。

今後は薬剤師の中でも専門的な知識を持った人材が求められる時代になっていくでしょう。 そのうえで専門薬剤師の資格は、自分の知識を証明することができる大きなPR材料になるはずです。

専門薬剤師は、薬剤師という職業について専門的な知識を持っていることが証明される資格でもあるため、ただ単に薬剤師として働くよりも専門薬剤師として働くことができたほうが高収入も期待することができます。 薬剤師は高収入が得られる職業として知られていますが、専門薬剤師になれれば手当がつく場合が多いのです。

ただ、全ての職場で専門薬剤師の手当てがつくとは限りません。 例えば、ドラッグストアなどはあまり薬剤師としての専門性を活かして働く場面が少ないですよね。 そのため、仮に専門薬剤師を取得したとしても、それだけで給料がアップするとは思わない方がいいでしょう。

もし、現在ドラッグストアに勤めながら専門薬剤師の資格取得を考えているということであれば、上司などに手当について確認してみてはどうでしょうか。

一般的に専門薬剤師手当がつく職場といえば、大学病院や総合病院です。 こういったところでは専門的な知識を持った薬剤師が求められているので、専門薬剤師の資格を持っている人は手当がつく場合が多いです。

転職活動が資格取得を目指すきっかけになったという人も多いですよね。 専門薬剤師の資格取得を検討しているということであれば、専門薬剤師の資格が活かせる職場を探したうえで転職をしましょう。